心理学用語集 > 応用心理学 > 臨床 > 欲求の階層説


欲求の階層説

欲求の階層説の定義

マズロー,A.H.は、人間の欲求は「生理」「安全」「愛情と所属」
「自尊と承認」「自己実現」という5つの階層構造を持っており、
前の段階の欲求が充足されて初めて、次の階層の欲求の充足段階へと
到達することができると考えました。

これを欲求の階層説または自己実現理論と呼びます。


生理的欲求は、生命維持のための根源的な欲求、
つまり、食欲・睡眠欲・性欲といったものを指します。

安全欲求は、生命維持だけでなく、生命を脅かす可能性のある状況を
回避しようとする防衛のための欲求です。

愛情と所属の欲求は、社会的な関係性をもって
居場所を確保したいという欲求です。

自尊と承認の欲求は、居場所の確保だけでなく、
その場において存在する価値のある人間でありたい、
他の構成員からの承認を求めたいといった欲求を指します。

そして最後が、自己実現の欲求です。
これは、自分自身が持っている成長可能性や潜在能力を十分に表現でき、
自分らしく創造的に生きていきたいとする欲求です。

欲求の階層説に関連するキーワード

マズロー,A.H.
自己実現理論
生理的欲求
安全欲求
愛情と所属の欲求
自尊と承認の欲求
自己実現の欲求

欲求の階層説のここをチェック

生活のあらゆるものを失った状態の人間は、
生理的欲求が他のどの欲求よりも最も主要な動機づけとなります。

一般的な動物がこのレベルを超えることはほとんどありませんが、
人間にとってこの欲求しか見られないというのは
一般的な状況ではないため、通常の健康な人間は即座に
次のレベルである安全の欲求が出現するとされています。


ここで、自尊と承認の欲求について少し補足しておきますと、
マズローは、尊重には2つのレベルがあると考えました。

低いレベルの尊重欲求は、他者からの尊敬、地位への渇望、
名声、利権、注目などを得ることによって満たすことができるものです。

ただし、マズローは、この低い尊重のレベルにとどまり続けることは
危険だとしており、より高次の尊重欲求を目指すことが求められています。

高いレベルの尊重欲求は、自己尊重感、技術や能力の習得、
自己信頼感、自立性などを得ることで満たされます。

つまり、他人からの評価よりも、自分の自分自身に対する
評価が重視されるのが特徴で、この欲求が妨害されると、
劣等感や無力感などの感情が生じることとなります。


さて、マズローは晩年、5段階の欲求階層の上にさらに
もう1つ上の段階があると発表しました。
それが、「自己超越」(self-transcendence)の段階です。

マズローによると、このレベルに達している人はごくわずかであり、
子どもでこの段階に達することは不可能であるとされています。

無料メルマガを読んで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

メルマガを登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けします。