失語症

失語症の定義

失語症は、脳の機能が損傷を受けることにより、一度獲得した言語能力を使いこなせなくなってしまい、言葉を話す能力、あるいは理解する能力が損なわれてしまった状態を指します。

失語症と言う場合は、脳の器質的な原因によるものと定義されているので、強いショックを受けて言葉を話せないなどの精神的な原因や、舌や口を自由に動かせないなど脳以外の身体的な原因による言語障害は含まれません。

また、一度獲得した言語能力を失ったものとも定義されているため、言語発達の遅れがあり、言語能力がきちんと獲得されていないためにうまく話すことができないといった状態も、失語症とは呼ぶことができません。

失語症に関連するキーワード

ブローカ領野
ヴェルニッケ領野
運動性失語
感覚性失語
非流暢性
錯語

失語症のここをチェック

失語症は1861年にフランスのブローカ, P. P.によって発見されました。
脳の中でも言語野と呼ばれる、言葉を司る部位が損傷を受けることで生じることが分かっています。

言語野には、ブローカが発見した運動性言語中枢とも呼ばれるブローカ領野と、ドイツのヴェルニッケ, C.が発見した感覚性言語中枢と呼ばれるヴェルニッケ領野が含まれています。

前者が損傷を受けると運動性失語(ブローカ失語)が生じ、後者が損傷を受けると感覚性失語(ヴェルニッケ失語)を生じます。

代表的な失語症はこの2つですが、他にもブローカ領野とヴェルニッケ領野を結ぶ部分が損傷され、復唱がうまくできなくなる伝導失語などもあります。


運動性失語は、言葉をうまく発することができないことが主な特徴です。
流暢に話しをすることができず、話そうとしても言葉を間違えたり、つっかえたりしてしまい、自発的に話す量も減少します。
また復唱したり、音読をすることにも困難を覚えます。
話すことに比べると、話を聴いて言葉を理解する能力は保たれますが、複雑な内容にはついていけなくなることも多いようです。


感覚性失語は、言葉を理解することがうまくできないことが主な特徴です。
運動性失語の場合とは異なり、言葉を流暢に話すことはできますが、時に意味不明な言葉を発したり、言おうとした言葉と違う言葉を言ってしまう錯語が生じます。
また言葉を聞き取ることが難しいため、復唱はうまくできません。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。