過去問を徹底分析し、入試の頻出テーマだけを厳選した問題を使って、論述の書き方を添削指導。初学者やこれから入試対策を始める方は【基礎講座】を、既習者や入試まで時間のない方は【完成講座】をお選びください。
専門科目添削講座を詳しく見る



心理学用語集 > 応用心理学 > 教育 > 適性処遇交互作用

適性処遇交互作用

適性処遇交互作用の定義

学習者の適性と処遇が互いに影響を与え、学習成績を規定するという
関係性を表す概念を「適性処遇交互作用」と言います。

これは、クロンバック,L.Jにより提唱されました。
言い換えれば、学習者の適性の違いによって教授方法の
効果が異なるということを示しています。

ここでいう「適性」とは、その学習遂行に対し、
適切に機能すると考えられる学習者の内的要因を指します。
具体的には、学力や既有知識・性格・態度・興味・感心・学習スタイル
などが挙げられます。

一方、「処遇」は、学習に対する操作としての、
さまざまな教授方法を指します。
例えば、指導の手法・課題・かかわり方・カリキュラム・学習環境
などが挙げられます。

「交互作用」とありますが、学習者の適性の水準の違いによって、
特定の教授方法が成績に与える影響が異なり、
また、その逆も言えるということを示しています。

つまり、適性を要因1、処遇を要因2、学習成績を従属変数として、
2要因の分散分析を行った際に、交互作用が見られたという
結果を示すということです。

適性処遇交互作用に関連するキーワード

クロンバック,L.J.
分散分析
完全学習理論

適性処遇交互作用のここをチェック

学力をすべての子どもに身につけさせるためにはどうすればよいのか
ということに関する理論として「完全学習理論」というものがあります。

しかし、学校などでは、集団学習を組織するためには、
どうしても1つの方法や速度、形態をとらざるを得ません。

それについていけない子どもがいても
仕方ないということになります。


そこで、できる限り学習者個人の学習傾向を把握し、
一人ひとりに適した学習を組織することで、
すべての子どもに学習効果を得ようとする考え方が完全学習理論です。

適性処遇交互作用の考え方は、
完全学習理論の考え方の核心にあるものです。


さて、子どもにあった学習を追求していく必要性がある
ということですが、先にも挙げたジレンマをどう乗り越えるか
という点が現場における実践的な課題であります。

クラス全員それぞれに適した学習を組織することは現実的には
不可能だということを、どう乗り越えるのかということです。

これは学校の理想と現実の矛盾するところです。
すべての子どもに学力保障をすると掲げても、
現実的には非常に難しいことでしょう。

解決の方法として、1つは授業外の時間を利用する方法、
つまり、補習をしたり、宿題を出したりする方法ですが、
それでも限界があります。


次に、習熟度別クラスではなく
処遇別クラスを設定することが考えられます。

これが一番筋が通っているようではありますが、
実際に行おうとすると教師が今の何倍も必要となってきます。

もしくは、処遇の類型化を進め、より多くの学習者が適していると
考えられる処遇を選択する方法です。
これにさっきの処遇別クラスを縮小して組み合わせると
効果が出るのではないかという考えもあるようです。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。