対人認知

対人認知の定義

対人認知とは、周りにいる他者について、その人がどんな人か推測したり、他者の内面についてさまざまに思いめぐらせる働きのことを言います。

他者の性格や、感情の表し方などの情動、普段どんなことを考えている人かという意図、その人が他の人に接する態度、対人関係の持ち方などについて推測して、対人認知が行われます。

私たちはそうして様々な情報を総合して、
「この人はこんな性格の人だろう」
「友達になったら楽しくやっていけそうだ」
などと印象形成をしたり、他者の特徴について判断したりします。

そうした自分なりの認知をもとにして他者のことや、その人の行動を予測します。
当然その判断によって自分の行動も変わってくるので、対人認知は私たちが社会と関わる上で大きな影響を及ぼしています。

他者について判断するポイントとしては、ローゼンバーグらは「社会的(対人的)望ましさ」と「知的望ましさ」の主要二次元に集約されるとしています。
対人認知においては特に温かさや親しみやすさといった社会的要素が重視されます。

対人認知に関連するキーワード

印象形成
既有知識
初頭効果
ネガティビティ・バイアス
ハロー効果

対人認知のここをチェック

対人認知の特徴として、目の前の情報だけではなく他者について知っている過去の情報(既有知識)なども含めて判断されるというものがあります。
例えば、Aさんが友人のBさんに親切にしているという場面を見たとしたら、目の前の情報だけに基づくとAさんは「親切な人だ」ということになります。

実際そうかもしれませんが例えば、Aさんが人に親切にするのをあまり見たことがないという自身の体験や、Cさんに聴いた話として
「Aさんは学校の試験前になるといつもBさんに授業のノートを借りている」
という情報があったとすると、Aさんは「調子のいい人なのかもしれない」という総合判断がなされる可能性があります。

また対人認知は、認知をする人自身がどんな点に注目しやすいかといった要因にも左右されます。
基本的にあまり人を毛嫌いしたりしない人は、同じ人物を見ていても、他の人に比べて否定的な印象を抱くことは少ないでしょう。

そして対人認知は相互的なものであるということも特徴の1つです。
自分が他者について認知した内容をもとに接し方を変えたりすると、多くの場合、それに対して相手も自分に対する認知や接し方を変化させてきます。

対人認知の際に他者の情報が全て均等に処理されるわけではありません。
例えば初めて会った時の印象はより強い影響力を持ち(初頭効果)、また道徳性などに関しては望ましい情報より、望ましくない情報が重視され(ネガティビティ・バイアス)、能力に関しては逆に望ましい情報が重視されるといったことが明らかになっています。

ちなみにある点で優れている人は、他の点でも優れていると推測されやすいというハロー効果も対人認知における特徴の1つです。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。