湯川彰浩のプロフィール

株式会社デルタプラス 代表取締役

1979年、京都市生まれ。同志社大学文学部にて英文学を専攻。大学卒業後、株式会社Z会に入社。大学院受験向けの英語教材の編集に携わる。

2005年にデルタプラスを設立し、2008年に法人化。毎月限定10名の少人数制通信講座『大学院英語 入試対策講座』を立ち上げ、開講わずか2年で東京大学大学院、京都大学大学院、早稲田大学大学院、筑波大学大学院など超難関校への合格者を輩出。その後も毎年のように、東京大学大学院、京都大学大学院という日本トップレベルの大学院に合格者を送り出し続けている。
その後、心理系大学院の受験対策に特化した通信講座『心理系大学院 入試対策講座』をリリースし、こちらも毎年多くの合格者を輩出している。

これまでに添削指導を手がけた答案の累計枚数は10,000枚以上にものぼり、正解、不正解の線引きが難しい大学院入試の合格ノウハウを構築。『大学院英語 入試対策講座』『心理系大学院 入試対策講座』はの満足度は95%を超え、少人数制ながらも通信講座業界では異例の実績を誇る。

また、著者として『大学院入試の英文法』(秀和システム)、『1万人の答案から学ぶ 日本人の英語リーディング 29のルール』(KADOKAWA/中経出版)、『社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法』(エール出版社)の3冊を上梓している。

2017年には大学院受験生を対象とした2日間にわたるスクーリングセミナーを開催。2019年には出版事業を立ち上げ、1冊目となる『使えるフレーズがどんどん頭に入る! シミュレーション英会話』(有子山博美 著)を刊行。

大学生・社会人を対象としたキャリア教育の分野で通信講座、出版、セミナーという多岐にわたるサービスを展開している。

湯川彰浩からのメッセージ

心理学用語集サイコタムの立ち上げまで

当初受験生向けにメルマガで心理学の専門用語を解説しお届けしていました。
それが好評でメルマガを見逃した方も、新たに登録された方も、専門用語のターム解説を一覧できるようにサイトという形で参照できるようにしたいという想いで、このサイコタムを立ち上げることになりました。
今では月間ページビューが70,000を超えるサイトに成長し、多くの媒体で当サイトの文章を引用、参照していただいています。

心理学が求められる時代に

昨今、「発達障害」という言葉が徐々に浸透したり、災害や虐待等で心のケアが必要な人が増えてきています。
それに伴って臨床心理士や公認心理師という、専門の大学院を卒業しなければなることのできない、心理士のスペシャリストの需要が高まってきています。
これから時代、海外のように日本でも心理士はますます身近な存在になることは間違いありません。
 
実は心理学は私たちの仕事、子育て、学校生活といった日常生活においてもかなり身近なものなんです。
例えば、「PM理論」「ビッグ・ファイブ」などの知識があれば自分のパーソナリティ傾向がつかめ、適した職種などがわかります。
また、「文脈効果」「単純接触効果」などの知識を活かせば仕事の企画や販促にも役立つはずです。
さらに「社会的促進」「長期記憶」の知識で、自分に合った学習環境や学習内容の定着法も見えてくることでしょう。
 
このように心理学の基礎知識を活かせば私たちのライフスタイルはより豊かで充実したものになります。
ぜひこのサイトを通して心理学のとびらを叩いてみてください。