CATEGORY 関係行政論

公認心理師の検定試験で問われやすい関係行政論に関連するテクニカルタームを解説しています。

アドボカシー

2022年11月24日

アドボカシー

アドボカシーの定義 アドボカシーとは、福祉の分野においては、自分の意思や要望をうまく伝えることができない人の代わりに、その人を支援する人が本人の意思を代弁し、要支援者の権利を擁護することです。 日本語

ストレスチェック

2022年10月7日

ストレスチェック

ストレスチェックの定義 ストレスチェックとは、職務上の心理的な負担の程度を把握するために労働者に対して実施される検査です。 ストレスに関する選択解答式の質問票に労働者が回答し、それを集計・分析すること

自殺対策

2022年9月17日

自殺対策

自殺対策の定義 自殺とは、自らの意思によって自ら行われた死のことであり、その当事者は自殺のために取った行為が死をもたらすことを十分に予測し、認識できているものと定義されます。 日本の自殺者数は人口の増

反社会性パーソナリティ障害

2022年8月26日

反社会性パーソナリティ障害

反社会性パーソナリティ障害の定義 非行や犯罪が行われる原因についてはさまざまな観点から検討されています。 心理学においては、本能的な欲求をうまくコントロールする自我や超自我が身についていないと犯罪行動

ウェルビーイング

2022年8月8日

ウェルビーイング

ウェルビーイングの定義 ウェルビーイングとは、人が人生や生活全般を肯定的に捉え、満足した生活を送ることができている状態のことを言います。 WHOは健康について、単に疾病や障害がないことではなく、身体的

地域包括ケアシステム

2022年7月25日

地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステムの定義 日本は諸外国と比べて高齢者人口の増加が進んでいます。 2025年には、いわゆる団塊の世代が全員75歳以上となり、また認知症高齢者の数も増加すると考えられることから、医療や介

精神保健福祉法

2022年7月4日

精神保健福祉法

精神保健福祉法の定義 精神保健福祉法とは、精神障害者の医療及び保護、日常生活及び社会生活の総合的支援、自立・社会復帰の促進、精神障害の発生の予防を目的とした法律のことで、正式名称は「精神保健及び精神障

2022年3月24日

労働基準法

労働基準法の定義 労働基準法とは、1947年に公布された、労働関係の基本原則と労働条件の最低基準を定めた法律です。 産業・労働分野における法律は複数ありますが、労働者が働く上での安全や健康の管理に関し

不登校

2022年1月17日

不登校

不登校の定義 文部科学省では、不登校児童生徒とは「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気

介護保険

2022年1月5日

介護保険

介護保険の定義 介護保険は、介護保険法で定められている社会保険制度です。 近年、日本は高齢者人口が増加するに伴い、介護や支援を要する高齢者が増加し、介護期間も長期化しています。 その一方で、介護を担う

非行

2021年12月17日

非行

非行の定義 非行とは、狭義には少年の犯罪のことですが、犯罪だけではなく、社会的な規範や道徳に反する行為全般を含めて捉えることが一般的です。 また、校内暴力や家庭内暴力も非行に含むと考えられています。

児童相談所

2021年12月2日

児童相談所

児童相談所の定義 児童相談所は、満18歳未満の子どもに関する相談に応じ、家庭や子どもの発達、パーソナリティ、行動についての多角的な調査と判断に基づいて、子どもの援助を行う機関です。 児童相談所は、児童

ソーシャルワーク

2021年10月11日

ソーシャルワーク

ソーシャルワークの定義 ソーシャルワークとは社会福祉的な専門的援助活動の総称です。 これには個別援助を主体とするケースワーク、集団援助を行うグループワーク、そして地域との関わりの中で援助を行うコミュニ

eap

2021年9月14日

EAP

EAPの定義 従業員支援プログラム(または従業員援助制度)は、Employee Assistance Program の訳語で、EAPとも呼ばれます。 EAPはアメリカで生まれました。 1950年代以

ワーク・ライフ・バランス

2020年8月24日

ワーク・ライフ・バランス

ワーク・ライフ・バランスの定義 ワーク・ライフ・バランスとは、「仕事と生活の調和」のことを指し、仕事から充実感を得て、責務を全うする一方で、個人のライフである自己啓発や家庭、介護、子育てに携わる十分な

ワーク・エンゲイジメント

2020年8月13日

ワーク・エンゲイジメント

ワーク・エンゲイジメントの定義 メンタルヘルス対策は事業者にとっての責任の1つであり、働きやすい職場づくりには欠かせません。 労働者の健康の保持増進(一次予防)、健康不全の早期発見・早期対応(二次予防

ドメスティックバイオレンス

2020年7月27日

ドメスティックバイオレンス

ドメスティックバイオレンスの定義 ドメスティックバイオレンスはDVと略され、「配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力」という意味で使用されています。 デートDVなどといった用

リカレント教育

2018年4月9日

リカレント教育

リカレント教育の定義 リカレントとは、循環する、反復するといった意味を持つ言葉です。 そしてリカレント教育とは、学校を卒業して社会に出てからも再び教育を受けることができるシステムのことを言います。 学

有意味受容学習

2018年4月9日

有意味受容学習

有意味受容学習の定義 有意味受容学習は、学校などで勉強を教える教育方法の1つであり、学習内容について効率よく理解を深めるための最適な教授法と言われています。 まず有意味な学習とは何かを考えてみましょう

アンダーマイニング効果

2018年4月8日

アンダーマイニング効果

アンダーマイニング効果の定義 仕事や勉強を終えればご褒美がもらえるとなるとやる気が出てくる、そう考えるのは当たり前のことのようにも感じられます。 しかし1970年代ごろ、作業後に報酬があることが必ずし

コーチング

2018年4月7日

コーチング

コーチングの定義 コーチングとは、問題解決に向けて学習者自身が考え、答えを見出せるよう促すコミュニケーション・スキルのことです。 コーチングと反対の概念にティーチングというものがあります。 これは指導

教育相談

2018年4月7日

教育相談

教育相談の定義 教育相談とは、学校教育場面において、子どもたちが示すさまざまな問題や悩み事について支援を行うもので、子ども本人、保護者や教師を対象に、助言や指導を行います。 教育相談所などで、臨床心理

適性処遇交互作用

2018年4月5日

適性処遇交互作用

適性処遇交互作用の定義 学習者の適性と処遇が互いに影響を与え、学習成績を規定するという関係性を表す概念を適性処遇交互作用と言います。 これは、クロンバック,L.J.により提唱されました。 言い換えれば