心理学用語集サイコタムについて

心理学用語集サイコタムは、心理系大学院の入試で実際に出題される英語や専門科目の試験をベースに、心理学の専門用語の中でも重要なテクニカルタームを分かりやすくまとめたサイトです。基礎心理学(感覚・知覚、認知、学習、社会、発達、自己・パーソナリティ)、臨床心理学(基礎理論、心理検査、心理療法、カウンセリング技法、精神疾患、コミュニティ心理学)、心理学研究法(統計・研究法)、心理学者・心理学史、関係行政論という5つのカテゴリに大別しています。各カテゴリから下位分野のテクニカルタームの解説を参照することができます。

各ページは「定義」と「関連キーワード」と「補足ポイント」で構成されています。「定義」では専門用語(テクニカルターム)の定義や意味を事例等も含めて説明しています。「関連キーワード」ではその専門用語を説明する上で欠かせない語句を掲載しています。「補足ポイント」では専門用語に関連するタームや周辺知識を紹介しています。この3つのポイントを押さえることで、バラバラだった知識がつながっていきます。すると、各用語を単に覚えるだけの機械的な作業から脱することができ、知識がより体系的に整理されることでしょう。

通信講座「心理系大学院 入試対策講座」のご案内

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで3000名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、お茶の水女子大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキストと添削指導にあるのです。講座の詳細は無料のパンフレット資料をご請求ください。

メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。特に臨床心理士や公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

メールアドレス

最新の投稿

投映法

2024年6月16日 心理検査

投映法

投映法の定義 パーソナリティ検査法の一種に投映法(投影法)があります。 パーソナリティ検査法は、被検者の考え方や行動の傾向、特徴を把握することを目的に実施される

グリーフケア

2024年4月22日 コミュニティ心理学

グリーフケア

グリーフケアの定義 グリーフ(悲嘆)とは、自分にとって大切な人やものを失う対象喪失に伴う反応のことです。 対象喪失によって生じるさまざまな感情や反応に翻弄されな

双極性障害

2024年3月26日 精神疾患

双極性障害

双極性障害の定義 双極性障害は以前は躁うつ病ともよばれ、活動が亢進した状態を呈する躁病(軽躁病)エピソードと、気分が落ち込んだ状態を呈する抑うつエピソードとの間

テスト・バッテリー

2024年2月26日 心理検査

テスト・バッテリー

テスト・バッテリーの定義 心理的アセスメントにおいては、クライエントから話を聴くことに加えて、さまざまな方法を用いて多面的に情報を集めることが重要です。 クライ

アサーション

2024年1月25日 カウンセリング技法

アサーション

アサーションの定義 アサーションとは、自分も相手も尊重し大切にする自己表現のことであり、相手と対等で互いに自分らしくいられる関係を築くことを目指すコミュニケーシ