CATEGORY 研究法

研究法に関連する心理学用語を解説します。

量的研究・質的研究

2018年4月11日

量的研究・質的研究

量的研究・質的研究の定義 量的研究とは、複数のサンプルからデータを収集し、事象を数量化し、統計的に分析する研究法です。 実験や調査に代表されるように、仮説を変数関係という量的データとして設定、測定し、

テスト法

2018年4月11日

テスト法

テスト法の定義 治療における人格理解や心理学の研究ののために用いられるものとして、面接法や観察法と並ぶ方法の1つがテスト法です。 これは、個人に対し、一定の条件のもとで決められた課題を課し、それに対す

面接法

2018年4月10日

面接法

面接法の定義 面接法とは、面接者である研究者が、被面接者との間での言語的コミュニケーションにおいて表現された内容を、記述・分析する心理学研究法です。 対象者の自己表現を通し、情報を得る方法であることか

観察法

2018年4月10日

観察法

観察法の定義 観察法は、心理学における最も基本的な研究法の1つで、観察者が被験者を客観的に観察し、その行動、言動を記録していくものです。   観察法には、大きく分けて、自然観察法と実験観察法

実験法

2018年4月10日

実験法

実験法の定義 実験法は、効率的に精度の高い情報を得ることを目的に、実験を用いてデータの収集・分析する方法を体系化したものです。 原因となる要因(独立変数)を変化させていき、どういった結果(従属変数)が