面接法

面接法の定義

「面接法」とは、面接者である研究者が、
被面接者との間での言語的コミュニケーションにおいて
表現された内容を、記述・分析する心理学研究法です。

対象者の自己表現を通し、情報を得る方法であることから、
対象者の内的世界を把握するのに優れているという点が特徴として挙げられます。


面接法は、その構造から、
「構造化面接法」「非構造化面接法」「半構造化面接法」
の3つに大別されます。

構造化面接法は、あらかじめ設定された仮説に沿って、
事前に質問すべき項目を決めておき、
仮説の妥当性を検証するためのデータを統計的に
収集することを目的としています。

非構造化面接法は、質問項目を特に用意はせず、
被面接者の反応に応じ、自由に方向づけを行います。
多面的・多層的・全体的なデータを収集して、
仮説を生成することを目的とした方法です。

半構造化面接法は、あらかじめ仮説を設定し、
質問項目も決めておきますが、会話の流れに応じ、
質問の変更や追加をおこない、自由な反応を引き出すものです。

面接法に関連するキーワード

言語的(非言語的)コミュニケーション
構造化面接法
非構造化面接法
半構造化面接法

面接法のここをチェック

研究者は、被面接者の表現に対し、その場で介入できるため、
求めるテーマに合わせて系統的にデータを収集できるという利点が、
面接法にはあります。

こうした点で、面接法は、対象となっている人々の主観的体験を
その背景を含めて把握することを目的とする質的調査において
適した方法であるとされています。

ただし、面接法は研究者と研究対象者の相互作用によって成立するため、
研究者の影響が及びやすいという特徴も考えられます。

例えば、研究対象者が研究者の期待を察知し、
それに合った返答をしてしまう、親しさや信頼感などによって
面接で語られる内容が変わってくるといったことが
生じる可能性があることを意識しておく必要があるのです。

また、面接では、単に言語的コミュニケーションだけでなく、
非言語的コミュニケーションも交わされます。
研究者には、相手の表情や身振りなどを観察し、
非言語情報を的確に把握する技能も必要といえるでしょう。

さて、ここまで心理学研究法における「面接法」について
説明してきましたが、心理学において「面接」というと、
クライエントを理解する心理査定(アセスメント)のための面接や、
治療に関する心理面接をイメージされる人も多いのではないでしょうか。

試験などにおいて、「面接法」とそうした
「査定面接」「心理面接」を混同しないようにしましょう。

論述問題などで面接に関するテーマが出題された場合には、
どちらについて問われているのか、きちんと意識して解答する必要がありますね。

無料メルマガで臨床心理士指定大学院に合格!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムは臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス