過去問を徹底分析し、入試の頻出テーマだけを厳選した問題を使って、論述の書き方を添削指導。初学者やこれから入試対策を始める方は【基礎講座】を、既習者や入試まで時間のない方は【完成講座】をお選びください。
専門科目添削講座を詳しく見る



観察法

観察法の定義

「観察法」は、心理学における最も基本的な研究法の1つで、
観察者が被験者を客観的に観察し、その行動、言動を記録していくものです。


観察法には、大きく分けて、「自然観察法」と「実験観察法」があります。

自然観察法は、主に仮説設定の準備段階に行うもので、
観察対象について、できるだけ主観を加えず、
正確に記述・分析するものです。

相関関係は分かりますが、因果関係を確定することはできません。


これに対し、実験観察法は、実験アプローチと同様、
仮説に基づき独立変数と従属変数を設定するものです。

それ以外の要因となり得るものは一定にする統制条件を整えた上で、
独立変数を操作することで従属変数となる
被験者の行動や状態を観察・測定します。
そのため、因果関係を検討することが可能です。

さらに、自然観察法の特殊形態として「参加観察法」が、
フィールドワークや臨床的な事例研究において
重要なものとして考えられます。

観察法に関連するキーワード

独立変数
従属変数
実験群
統制群
実験室実験
フィールド実験 

観察法のここをチェック

実験法は、観察場面に対して何らかの人的な操作を加え、
そこで発生してくる行動や事象を観察していく方法です。

つまり、心理学での実験とは、仮説を実際の現実場面に移し、
その現実場面のなかで実証的に仮説を検証していく方法といえます。


実験法には、「実験室実験」と「フィールド実験」とがあり、
実験内容や目的などから合う方を選択します。

実験室実験とは、人工的に実験室において場面や環境を設定する方法です。
操作の自由度が高く、条件の統制が簡単で厳密な実験が可能である一方、
人工的であるため、得られた結果の一般化が難しいという点が課題となります。

ただ、基礎的な心理の研究領域ではこの実験室実験が
使用されることが一般的です。


一方、フィールド実験とは、現実の生活場面に実験を
持ち込んで実施するという特徴があります。

自然体であるがゆえに、状況を統制する事が難しく、
余計な要因が入り込んでしまい因果関係が不明瞭になってしまったり、
結果に無関係な要因の影響が出てしまったりすることもあります。

また、日常の場面に実験操作を持ち込むためテーマによっては、
被験者に対する倫理的問題や道徳的問題を招きかねないため、
より細やかな配慮が必要となります。

無料メルマガで臨床心理士指定大学院に合格!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムは臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス