心理学用語集 > 基礎心理学 > 発達 > 内言・外言



内言・外言

内言・外言の定義

ヴィゴツキー,L.S.は、人間の発話のレベルを「内言」と「外言」という2つに分類しました。

内言とは、音声を伴わない内面化された思考のための道具としての言語です。
述語中心の構造をとり、圧縮や省略が多く、単語同士が非文法的に結合しているのが、内言の特徴です。

一方、外言は、通常の音声を伴う、伝達の道具としての社会的言語のことです。
主語中心の構造をとり、文法的に整合性を持つというのが、外言の特徴です。

ヴィゴツキーによれば、発達的には「外言から内言へ」と移行していくとされています。

内言の分化は、幼児期に始まるものの、この分化が不十分な段階では、思考に外的な発声が伴ってしまい、この不完全な内言が幼児期の独り言であると、ヴィゴツキーは考えました。

内言・外言に関連するキーワード

ヴィゴツキー,L.S.
自己中心性言語
ピアジェ,J.

内言・外言のここをチェック

ピアジェ,J.は「内言」ができてから「外言」ができる、つまり、思考ができるようになってから話し始めると考えており、ヴィゴツキーはこれに対立する形をとりました。

ピアジェの言う自己中心性言語は、例えば、幼児の自由遊び場面での独り言のようなものです。

社会的伝達のための言語行為と、反復・反響・独語・集団的独語などといった非社会的言語行為とが混在しているのが特徴で、これは幼児性ゆえに次第に消滅していくものだとピアジェは捉えていました。

しかし、ヴィゴツキーはこれを真っ向から批判し、ピアジェの言う自己中心性言語は、内言と外言の分化が不十分な段階のもので、外言から内言へと進化していく過程であるとしました。


ヴィゴツキーはさらに、子どもの発達に関するピアジェの考え方そのものに対しても批判的です。

社会的環境と双方向のコミュニケーションが介在した言語・思考の発達をヴィゴツキーは重視し、自然的かつ自生的に言語・思考が発達していくとしたピアジェの「生物学的な人間観」を批判しました。

もう少し具体的に言うと、子どもの心身や言語の発達は一人だけで自然に進むものではないということを強調しているということです。

社会的環境、例えば、親子関係・子弟や友人との関係の中で、他者との相互作用および大人からの教育を受けることによって初めて実用的な言語能力の発達が進むとヴィゴツキーは主張したのです。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。