心理学用語集 > 応用心理学 > 臨床 > 類型論・特性論

公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

講座の詳細は無料のパンフレット資料をご請求ください。



類型論・特性論

類型論・特性論の定義

類型論特性論とは、人のパーソナリティを捉えるための2つの理論的枠組みのことです。

特性とは、個人の中で一貫して出現する行動や態度の傾向のことを言います。

例えば基本的に引っ込み思案であまり前に出たがらない傾向は「内向性」という特性が当てはまるでしょう。

その他にいろいろなことが気になる傾向としては「神経質」という特性だと言えます。

こうしたさまざまな特性が組み合わさって、人のパーソナリティを構成していると考えるのが特性論です。

特性論はイギリスやアメリカで発展し、統計的研究を取り入れ、現在のパーソナリティ研究を大きく発展させました。


類型とは、典型的なタイプを示す言葉であり、典型例を設定してパーソナリティを分類していくのが類型論です。

類型論はドイツの精神医学で隆盛し、クレッチマー,E.が述べた理論が有名です。

クレッチマーは体質ごとに性格を分類し、例えば筋肉質な体形をしている人は粘着気質であり、几帳面で頑固さが見られると考えました。

その他ユング,C.G.は内向・外向という類型を提示しています。

類型論・特性論に関連するキーワード

パーソナリティ
特性
類型
典型例
因子分析

類型論・特性論のここをチェック

パーソナリティを典型例に当てはめて捉えることと、さまざまな要素に注目して捉えることは、私たちが普段他の人のことを考える時にも行っています。

例えば依存的パーソナリティという言葉は使わないとしても、

「Aさんはいつも誰かに頼っていて、一人では何もしない。いわゆる甘えん坊タイプだ」

と考える時、人に頼りがちなパーソナリティの類型をイメージしています。


「Aさんは他力本願な所があるけれど、アドバイスすると不機嫌になったりして頑固なところもある」

と考える時は、特定の類型を想定しているというよりは、Aさんの傾向のいくつかに注目しており、パーソナリティ特性をイメージしているといえるでしょう。


類型論はパーソナリティを全体的に把握しやすいため、20世紀にドイツを中心に発展しました。
しかし、柔軟なパーソナリティ把握には向かず、客観的な理解が難しいという難点がありました。

その一方、特性論は因子分析などの統計的解析を用いた研究が可能であり、パーソナリティの詳細を明らかにしていくことが比較的容易となりました。

パーソナリティの数量的理解がしやすいこともあり、近年のパーソナリティ研究は特性論に基づく研究が中心となっています。

心理系大学院 入試対策講座の資料請求



メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。