心理学用語集 > 心理学者 > ロールシャッハ,H.

公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

講座の詳細は無料のパンフレット資料をご請求ください。



ロールシャッハ,H.

ロールシャッハ,H.について

ロールシャッハ,H.は、はスイスのチューリッヒに生まれた精神科医で、投影法心理検査のロールシャッハ・テストを考案したことで有名です。

彼の父親は絵画教師であり、ロールシャッハ自身も幼いころから絵を描くことが好きでした。
インクの染みで絵を作る遊びが好きだったため、学校の友達からはドイツ語でインクの染みを意味する「クレックス」と呼ばれていたそうです。

チューリッヒ大学でブロイラー,E.から医学を学び、フロイト,S.やユング,C.G.らの影響も受けています。

1911年頃には既にインク・ブロットテストを用いて研究を行っていましたが、その後数年間はインク・ブロットテストよりも精神分析の研究に集中していました。

1912年に、「反射幻覚とその類似現象について」という論文で医学博士の学位を取得します。
学位論文のテーマからも分かるように、ロールシャッハは知覚・感覚について大きな関心を抱いていました。

その後インク・ブロットテストの研究を再開し、1921年6月に著書『精神診断学』でロールシャッハ・テストを公表します。
しかし、ロールシャッハ自身はその翌年、1922年4月2日に腹膜炎のため37歳の若さで亡くなりました。

ロールシャッハ,H.に関連するキーワード

ロールシャッハ・テスト
投影法
精神分析
包括システム
エビデンス

ロールシャッハ,H.のここをチェック

絵を描くことと、医学を学び医師としての仕事をすることはまったく別物のようにも思えます。
しかし、ロールシャッハが知覚の研究に関心を持ち、インクブロット図版を用いた検査の研究を行ったのは、絵を描いたりすることが好きだったことと決して無関係ではないように思えます。

あくまで趣味は趣味として嗜み、普段はそれとは関係のない仕事をして大きな成果を出す人もいますが、ロールシャッハの場合は小さい頃から関心を持っていることと、職業として選んだこととが自然な形で結びついたのでしょう。

これが研究意欲をかき立てることに、そして大きな可能性を秘めた検査法の開発につなっがたのかもしれません。


その後、ロールシャッハ・テストはアメリカで大きく発展し、精神分析なども含めてさまざまな観点から研究が行われました。

結果を解釈するには熟練を要し、実証性に乏しいという批判を克服するため、エクスナー, J.は包括システムという検査実施・解析方法を作成し、エビデンスに基づく解釈ができるようにロールシャッハ・テストを発展させました。

包括システムのようにエビデンスを重視したロールシャッハ・テスト研究も行われていますが、投影法検査について強力なエビデンスを示すことは困難だという批判はそれでもなおあります。

しかし、今でも実施頻度が高く、臨床的には有益な検査であると見なされています。

心理系大学院 入試対策講座の資料請求



メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。