心理学用語集 > 基礎心理学 > 認知 > 選択的注意

選択的注意

選択的注意の定義

「選択的注意」とは、多様な情報が渦巻くような環境条件下において、
その個人にとって重要だと認識された情報のみを選択し、
それに注意を向ける認知機能を指す概念です。


例えば、パーティ会場では、あちこちで賑やかに談笑が行われ、
かなり騒々しい状態になりますが、そのような中でも、
誰かと話に夢中になっているときには、
周井の話し声やざわめきはあまり気にならないものです。

ところが、隣のグループが自分に関する話題を
話していることにふと気づくと、その人たちの声が急に
大きくなったわけではないにもかかわらず、話されている内容が
耳に入ってきて理解できるようになるということがあります。


こうした、特定の会話に注意を向けることができる現象が
「カクテルパーティ効果」と呼ばれるもので、
選択的注意の代表例とされています。

選択的注意に関連するキーワード

カクテルパーティ効果
両耳分離聴の実験
記憶のフィルターモデル
ブロードベント,D.E.

選択的注意のここをチェック

左右の耳に別々の文章を聞かせ、片方の耳から聞こえた内容だけを
後で追唱させると、指定した耳から聞かされた文章は追唱できるのに、
反対の耳から聞かされた文章はまったくといっていいほど
聞き取れないという、チェリー,E.C.による「両耳分離聴」の実験も、
選択的注意の1つとして有名です。


この両耳分離聴の実験において、追唱しなかったメッセージに
ピーという機械音を挿入したところ、この音が含まれていることに
被験者は気づくという結果が得られています。

したがって、注意が向けられていない情報に対しては、
物理的な情報の処理はなされているけれども、
意味的な処理がなされていないということが分かります。


チェリーの研究結果を踏まえ、選択的注意の原理から、
ブロードベント,D.E.らは、「記憶のフィルターモデル」
と呼ばれる、注意の理論を提起しました。

記憶のフィルターモデルは、記憶の流れに関するモデルで、
視覚や聴覚といった感覚受容器が受け取った多様な情報が、
感覚記憶から短期記憶の貯蔵庫、あるいは長期記憶の貯蔵庫に
移行する際に選択的注意が働くとされています。

情報処理の初期の段階に、次の段階で処理されるべき情報を
選択するフィルターの存在が仮定されていて、
すべての入力刺激に対して、物理的特徴の処理などの
低次の情報処理はなされますが、
意味的処理などの高次の情報処理は、
そのフィルターを通過した情報のみに対して行われ、
短期記憶や長期記憶として貯蔵されると、ブロードベントは説明しています。


ただし、この後、フィルターモデルで説明できないような
実験結果が得られており、フィルターにより完全に排除されるのではなく
弱められるだけだと考える「減衰モデル」や、
情報の重要度によって反応が決定されるという
「最終選択モデル」などが提起されています。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。