心理学用語集 > 基礎心理学 > 学習 > 学習セット

公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

詳細は「心理系大学院 入試対策講座」をご確認ください。



学習セット

学習セットの定義

あることを学習すると、その経験が他の学習にも影響を及ぼすことが知られています。

例えばずっとテニスをやっていた人が卓球を始めると、それまでの経験を活かすことができるので、それまで他の球技をやっていなかった人よりも上達しやすいものです。

こうした現象は学習の転移と呼ばれていますが、この転移の一種に学習セットというものがあり、これは「学習の構え」とも言います。

何か新しい課題に取り組む際、その課題への取り組み方や解法がつかめないうちは偶然にしか正解できないことが多いでしょう。

しかし、何度か同じタイプの課題に取り組み、試行錯誤していくとだんだんとコツが掴めてきて正解率が高まっていくものです。

学習セットに関連するキーワード

学習の転移
学習すること自体の学習
試行錯誤
心的構え

学習セットのここをチェック

ハーロウ,H.F.は、アカゲザルを対象に、同じタイプの課題に連続で取り組ませるという実験を行い、その中でアカゲザルが「学習すること自体を学習する」現象を見出しました。

この実験では、アカゲザルは課題を呈示されても最初は解き方が分からず、徐々にしか正答率が上がりません。

しかし同じような問題に取り組んでいくうちにどうすれば正答できるかが分かるようになってきます。

そしてコツがつかめてほぼ確実に正解できるようになった頃に、類似の別の課題に移ります。
すると最初は試行錯誤が必要ですが、以前よりもすぐに正解できるようになっています。

こうして何度も課題をこなした後では、問題が変わってもそれまでと類似した問題であれば、すぐに正解できるようになっていきます。

これは、何度も取り組んでいくうちに課題のしくみ、ねらいが分かってきて学び方を学んだと言えるでしょう。
このような現象のことを、ハーロウは学習セットの形成と呼びました。

学習セットの形成は、新たなことを学ぶ際に有益に働きますが、逆に慣れたやり方をするのが当たり前になってしまうことで生じるデメリットもあります。

何かをする際に慣れ親しんだ方法があると、それよりも効率の良いやり方が存在するとしてもそれに気づきにくく、効率の悪い方法に固執してしまう可能性が高くなります。

具体的には、将棋を指した経験がそこそこある人は、こういう時はこのように駒を動かすとよいという定石を身につけていたりするものです。

普段はその知識が有利に働くはずですが、定石にとらわれてしまうと、もっとシンプルでいい手があってもそれに気づかなくなってしまうことがあります。

ルーチンス,A.S.の水瓶問題による研究では、こうした心的な構えがあると、人はかえって効率の悪い方法を取ってしまいがちであることが示されています。



メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。