過去問を徹底分析し、入試の頻出テーマだけを厳選した問題を使って、論述の書き方を添削指導。初学者やこれから入試対策を始める方は【基礎講座】を、既習者や入試まで時間のない方は【完成講座】をお選びください。
専門科目添削講座を詳しく見る



心理学用語集 > 心理学者 > ワトソン,J.B.

臨床心理士指定大学院 入試対策講座


ワトソン,J.B.

ワトソン,J.B.について

ワトソン,J.B.は、行動主義を提唱し心理学の一大潮流を作りだしたことで有名です。
彼はアメリカのサウスカロライナ州グリーンヴィルに生まれました。

知的で敬虔な母親に対して、父親は酒飲みの上に浮気がちで、ワトソンが13歳の時に父親は家を出てしまいます。
そうした家庭環境もあり、ワトソンは頭はいいけれど怠惰で、母親にも教師にも反抗し、暴力沙汰も起こしていたと言います。

そんな状態で1894年に大学に入りはしたものの学業には身が入りません。
しかし、その大学での恩師の助けも借り、1900年にシカゴ大学に入学しなおして心理学を学びます。

そして1903年にシカゴ大学で「動物の訓練」という博士論文で心理学の博士号を取得します。
動物心理学でPh.Dを取得したのは彼が始めてと言われます。

その後も機能心理学のエンジェルのもとで学びながら、自分が設立した動物心理学実験室で行動生物学の研究を行い、1908年からジョンズ・ホプキンズ大学で実験心理学・比較心理学の助教授となります。

1912年にキャッテル,R.B.に招かれて行った講演の中で、「行動主義」という言葉を始めて用い、自身の立場を明確にしました。

ワトソン,J.B.に関連するキーワード

行動主義
刺激と反応
意識
環境主義

ワトソン,J.B.のここをチェック

ワトソンは心理学を自然科学の一分野と位置づけ、行動を通じて人の心理を解明しようとしました。 それまでの心理学の考え方とは異なり、意識といった仮定に基づく概念は研究の対象としないというのが彼の考えです。

また彼は、行動や測定可能な生理的反応は研究対象にすることができると考えました。
刺激と反応の関係を分析し、その仕組みを解明することで、行動の予測と統制をすることを目指したのです。

それまでの心理学では意識の研究が、中心だったので大きな革新を行ったわけですが、ワトソンは若い世代の研究者から強い支持を受けました。
37歳で米国心理学会の会長に選出されたという事実は、彼のカリスマ性を表していると言えるでしょう。

ワトソンはアルバート坊やの実験で、恐怖反応の条件づけについて示し、本能と言われているものも後天的に身についたものだと考えました。
人の行動は遺伝ではなく環境の影響を受けるという環境主義を強く唱えています。


しかし、このように赤ちゃんを実験に用いたり、従来の学説に批判的すぎることなどから、ある時大学に罷免されてしまいます。

その後は知人の紹介で企業に勤めて市場調査の仕事をしたり、営業やコピーライター業務などをしたりして、広告代理店の平社員から副社長にまでなりました。

この期間中には心理学の知識を会社での管理や人事にも活かしていたようです。 その傍らで心理学の研究や著作活動も続け、1958年に80歳で波乱万丈の生涯を終えました。

無料メルマガで臨床心理士指定大学院に合格!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムは臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。

臨床心理士とあわせて取得したい心理系資格

民間資格の中には臨床心理士の他にも数多くの心理系資格があります。
中には臨床心理士とあわせて取得しておくと、強い独自性を出せるものも!!
これからの社会は2つ以上の資格をあわせもった「Wヘッダー」が当たり前の時代になります。

そんな社会で自分の強みを出していくためにも、その他の心理系カウンセラー資格 についても、資料請求をしてみて理解を深め、資格を取得しておくといいでしょう。