心理学用語集 > 専門科目 論述対策 > 専門用語の意味を覚える

公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

詳細は「心理系大学院 入試対策講座」をご確認ください。



専門用語の意味を覚える

自分専用のノートを作る

志望校の傾向がつかめたら、次に専門用語をまとめた参考書や、辞書を用いて、
それぞれの語句についてまとめていくという作業が一般的な対策です。

専門用語の意味や定義について、ノートにまとめていくようにしましょう。
臨床心理士指定大学院の合格者の方に話を伺うと、
皆さん必ず自分の専門ノートを作成されています。

この時に単に専門用語の意味を丸暗記するだけでは、
本番の語句説明問題や論述問題には通用しません。
そもそも、たくさんの心理学用語の意味をノートに書いた通り
一字一句丸暗記というのは不可能です。

問題によっては、かなりの量の字数設定をされていることがあります。
したがって、意味や定義だけでなく、背景知識も関連付けて覚えるようにしてください。

その方が記憶としての定着率も高くなりますし、
1つの語句に関連した知識があればあるだけ、
論述の際に字数を埋めやすくなるものです。

このサイトでも各語句の意味を
「定義」「キーワード」「ここをチェック」
という項目に分けて説明していますが、
1つのテクニカルタームから別のキーワードを芋づる式に繋げていって
体系的に覚えていくのが効率的と言えるでしょう。

テクニカルタームを体系的に理解しやすいように、
ノートの書き方も自分なりに工夫してみてください。

次は論述の仕方を身に付けるをチェック!

メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。