心理学用語集 > 基礎心理学 > 感覚・知覚 > ストループ効果



ストループ効果

ストループ効果の定義

ストループ効果とは、それぞれ意味の異なる刺激が同時に呈示されると、刺激に反応するまでに時間が多くかかる現象のことで、1935年にストループ, J. R.が発表しました。

具体的な実験例を挙げると、被験者にあらかじめ「これから文字の書かれた紙を見せます。書かれている文字の意味ではなく、文字の色を答えてください」と伝えておきます。

そして被験者に、緑色のペンで「赤」という文字を書いた紙(この実験における課題、すなわち刺激)を被験者に見せます。
ここで被験者が求められているのは、「緑」と答えることです。

ほとんどの場合、文字の色と意味が同じ場合(緑色のペンで緑と書いてある)よりも、この実験刺激のように文字の色と意味が異なる場合の方が、答えるまでに時間が長くかかります。

また同様の刺激について、「文字の表す意味を答えてください」という課題(「赤」が正答)を出してみると、やはり色と意味が異なる場合の方が回答するのに時間がかかり、こちらは逆ストループ効果と呼ばれます。

ストループ効果に関連するキーワード

ストループ, J.R.
ストループ課題
逆ストループ効果
選択的注意
干渉制御

ストループ効果のここをチェック

なぜこうした現象が起きるかというと、

(1)色と文字という2つの刺激が同時に入ってくるので知覚的な処理に時間がかかる
(2)単語を読む速度と色の名前を答える速度自体が異なる
(3)色と文字とで概念が異なるため処理に時間がかかる

といったことが挙げられています。

このように意味の異なる刺激が同時に呈示され、どちらか片方の刺激に反応して答えてもらう課題を総称してストループ課題と呼びます。

ストループ課題では、どちらか一方の刺激に選択的に注意を向けるため、もう片方の刺激を無視(干渉制御)しないといけません。 そのためストループ効果・逆ストループ効果は、意識的に特定の事柄に注意を向ける選択的注意力などの指標になると言われています。

パーティ会場などではたくさんの人の話し声やBGM、物音などがあちこちで響いていますが、誰かと会話をしている間は目の前の人の声だけ聞き取ることができるし、注意を傾けない限り他の音はそこまで気になりません。

この現象をカクテルパーティ現象と言いますが、普段私たちは意識せずこのような選択的注意を行っているのです。

この選択的注意がうまく働かないと、会話をしていても関係ない人たちの声が気になって集中できないなど、日常生活でも不都合が生じることがあります。

またある疾患を持っている人は、健常者に比べて逆ストループ効果が大きくなるといった研究もあるので、選択的注意力などの認知的特性を把握することで、ストループ課題を臨床的支援に応用することも考えられています。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。