錯聴

錯聴の定義

視覚に関する錯覚が錯視ですが、聴覚に関する錯覚のことは錯聴と呼ばれます。
錯聴には音の高さが実際とは違って聞こえたり、連続している音が途中で途切れて聞こるといったものなどがあります。

私たちが普段耳にしていると感じているものは、耳から取り入れた聴覚情報そのままというわけではなく、脳を通して複雑な処理を経た後の、いわば加工後の情報です。

耳から入ってくる音が取捨選択されることなく、すべて同じ調子で入ってくるとしたら、私たちは落ち着いて休んだり、仕事や遊びに集中していることがとても難しくなってしまうはずです。

そうしたことにならないように、脳の中では複雑な情報処理が行われ、その結果さまざまな条件が重なると錯聴が生じることになります。

錯聴に関連するキーワード

聴覚情報処理
結合音
無限音階
ダブルフラッシュ錯覚
マガーク効果

錯聴のここをチェック

代表的な錯聴の1つに、結合音があります。
これは高さの異なる2つの音を鳴らした時に、その2つの音よりも低い音が混じっているように聞こえるというもので、18世紀のヨーロッパにおいて、タルティーニなどの作曲家によって発見されたと言われています。
結合音の一種とされる差音は、パイプオルガンで低い音を出すために応用されているそうです。

その他に錯聴として有名なものに無限音階というものがありますが、これはアメリカの認知科学者ロジャー・シェパードが発見したので、シェパード・トーンとも呼ばれます。

無限音階という名前の通り、ドレミファソラシドの音階がどこまでも上昇あるいは下降して聞こえる現象で、エッシャーが描いた無限に上り続けることができるように見える階段の絵の聴覚版とも言えます。
ジャン=クロード・リセというフランス人作曲家は、この無限音階を用いて「位相」という管弦楽曲を作っています。


また、視覚と聴覚が複合的に影響を与えて生じる錯覚も存在し、例えばダブルフラッシュ錯覚マガーク効果などが知られています。

ダブルフラッシュ錯覚の実験では、音が鳴るのと同時に図形が一瞬表示されますが、A群では音が1回、B群では音が2回なるという違いを設けます。
すると同じ映像を見ていても、A群では図形が1回だけ現れたように見え、B群では2回現れたように見えます。

マガーク効果は、聴覚情報と視覚情報とで食い違う情報を与えると、情報が干渉しあい違った情報として知覚されるという効果を指します。
人が喋っている映像で、音声では「ば」を流し、口の動きは「が」と発音している映像を見せると、その中間の音声である「だ」と言っているように聞こえます。

このような錯聴や錯視を研究することは、脳の情報処理過程を探ることにもつながり、人間の知覚・認知機能の仕組みを明らかにする上で役立つことが示唆されています。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。