公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

詳細は「心理系大学院 入試対策講座」をご確認ください。



ラポール

ラポールの定義

「ラポール」とはセラピスト・カウンセラーとクライエントの間に、感情の交流を行えるような関係が成立している状態のことを表す語です。

もとは、F.A.メスメルが「動物磁気」に感応したセラピストとクライエント間に生じた関係を表現するのに用いた語で、「ラポート」と呼ばれることもあります。

心理療法・カウンセリングにはさまざまな立場があります。
しかし、どのような立場からおこなう場合でも、ラポールは共通したセラピスト・カウンセラーの基本的態度原則として重視されています。

ラポールが形成されると、セラピスト・カウンセラーとクライエントとの間において受容や共感が進み、信頼関係が構築されていきます。

その結果として、治療空間が自由で守られたものとなり、クライエントは安心して自己開示ができるようになるのです。

特に、インテーク面接(受理面接)や面接初期においては、ラポールの形成がその後の治療に大きく影響してくるため、非常に重要だと考えられています。

ラポールに関連するキーワード

F.A.メスメル
動物磁気
心理療法・カウンセリング
受容と共感
インテーク面接

ラポールのここをチェック

ラポールは、一般的に、カウンセリングや心理療法に深く関わる概念であるとされています。

しかし、心理アセスメントにおいても非常に重要なものであることを忘れてはなりません。

例えば、インテーク面接や心理検査の場面において、過度に侵襲的であったり、クライエントに過大な負担をかけたりといったように、ラポールが損なわれることが生じたとしたらどうでしょう。

必要な情報を得られないのはもちろんのこと、クライエントの利益となるための臨床心理学的援助を方向付けるという、アセスメント本来の目的からも外れてしまうことになります。

つまり、検査者・査定者にも、カウンセリングにおける基本的態度が常に大前提として求められるのです。

論述問題では、心理療法やカウンセリングにおいてのラポールの重要性に加え、心理アセスメントにおいても非常に重要であることを合わせて記述できるといいですね。
そうすれば、内容がより深まり、ラポールの必要性をきちんと理解していることをアピールできますよ。




メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。