心理学用語集 > 応用心理学 > 臨床 > ソーシャルサポート

公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

詳細は「心理系大学院 入試対策講座」をご確認ください。



ソーシャルサポート

ソーシャルサポートの定義

ソーシャルサポートは、コミュニティ心理学のキャプラン,G.により提唱された概念です。

生活において、他者から与えられるさまざまな物質的、心理的援助のことを指し、道具的・情報的サポート情緒的サポートとに大別されます。

「道具的・情報的サポート」は物質的な援助で、さらに下位分類として、問題解決のための実際的資源を提供する「直接的サポート」と、解決のための情報を提供する「間接的サポート」の2種類に分けられます。

「情緒的サポート」は、ストレス状態にある個人に対し、他者が共感的、受容的に接することで支えていこうとするような態度を指します。
愛情、親密性などといった情緒面への働きかけと、評価やフィードバックなどの認知面への働きかけという2種類に分類されます。

ソーシャルサポートには、ストレスを緩和し、精神的健康状態を良好にする作用があることが分かっており、また、危機介入において重要なポイントとなるとされています。  

ソーシャルサポートに関連するキーワード

キャプラン,G.
道具的・情報的サポート
情緒的サポート
危機介入
ストレス緩衡効果

ソーシャルサポートのここをチェック

近年、ソーシャルサポートにはストレス緩衡効果があることが研究により明らかにされています。

これは、ストレスが高まっているときに適切な形でソーシャルサポートが与えられると、そのストレスは緩和され、結果、精神的健康状態を良好にする作用があるというものです。

精神的健康状態とストレス、およびソーシャルサポートとの関係性については、緩衡仮説直接仮説があります。

「緩衡仮説」とは、ストレスが高いときにソーシャルサポートを与えると、そのストレスを和らげ状態が改善されますが、ストレスが低いときにソーシャルサポートを与えても、精神的健康状態を高めることに必ずしも繋がらないというものです。

それに対し、「直接仮説」は、ストレスの高低にかかわらず、ソーシャルサポートを与えれば、結果として精神的健康状態が改善されるというものです。


心理臨床の現場において、クライエントの家族や周囲からのソーシャルサポートの重要性が注目されており、例えば、統合失調症の家族のEE研究(EE:Expressed Emotion 感情表出)からも、クライエントを受け止める家族の影響力の大きさが指摘されています。


なお、個人のもつソーシャルサポートの大きさは、
(1)社会的なネットワークの広さ
(2)どの程度、援助を受けることができるかに関する主観的な期待感の程度
(3)実際にどの程度の援助を受けたか
などの観点により評価されます。

他者からの援助への期待感を強く持つ人は、それが弱い人に比べて、心身の健康状態が良好であるということが報告されています。




メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。