過去問を徹底分析し、入試の頻出テーマだけを厳選した問題を使って、論述の書き方を添削指導。初学者やこれから入試対策を始める方は【基礎講座】を、既習者や入試まで時間のない方は【完成講座】をお選びください。
専門科目添削講座を詳しく見る



試行錯誤

試行錯誤の定義

正反応と誤反応を繰り返すことを、試行錯誤と言い、これにより学習が成立することを試行錯誤学習と言います。

この概念は、ソーンダイク,E.L.が、問題箱の実験における、動物の行動観察から見出しました。

ソーンダイクは、試行錯誤学習は、刺激状況(S)と反応(R)が結合するS−Rの連合学習であるとし、動物や人間の学習を最もよく特徴づけると説明しています。


そして、刺激と反応との正しい結合が生ずる条件を示す法則を作り上げました。これが効果の法則です。

効果の法則は、満足や快状態をもたらす効果のある行動は生起しやすくなり、反対に、嫌なものや不快なものをもたらすような行動の場合には状況との結合が弱められるというものです。

一般的に、試行錯誤を繰り返すことにより、刺激(S)と反応(R)の結びつきが徐々に強くなり、問題解決にかかる時間は短くなっていくとされています。

この効果の法則が、ハルやスキナーの強化による学習理論、つまりオペラント条件付けの元となっているのです。

試行錯誤に関連するキーワード

ソーンダイク,E.L
オペラント条件付け
効果の法則
洞察学習
認知地図

試行錯誤のここをチェック

試行錯誤学習と対照的なものが洞察学習です。

これは、ゲシュタルト心理学のケーラー,W.が、チンバンジーの実験により発見し、提唱した概念です。

洞察学習とは、試行錯誤のように何度も何度も繰り返すのではなく、問題解決という目的に沿って、過去経験などをもとにその場の状況を再構成し、そして、ひらめきによって一気に解決への見通しをたてる問題解決方略です。

このひらめきや気づきが、洞察です。

洞察とは、問題の構成要素間の関係や構造、因果関係、手段−目的関係などに関する、認知的枠組みをもたらすことを指します。

洞察学習は、突如現れる非連続的な問題解決方略であり、連続的な過程である試行錯誤とは対照的であると考えられます。
ケーラーは、ソーンダイクの試行錯誤説に対し、必ずしも試行錯誤が必要とは限らないとしました。


さらに、トールマン,E.C.は、試行錯誤と洞察学習を統合した「認知地図説」を提唱しています。
これは、環境に存在する手がかりをもとに、形成された心的な構造である認知地図を作成し、最適な解決策を選択できるという考えです。

トールマンが、この認知地図の利用によってなされる学習であると考察したのが潜在学習です。

潜在学習とは、行動の遂行には直接現れることはないものの、潜在的に、内的に処理される学習です。

行動主義の中でも認知寄りであるトールマンの理論は、S−S理論と呼ばれ、ある刺激(sign)と意味のある目標対象(significate 例えばエサ)との手段−目標関係の結びつきを示します。

この認知連合をサイン・ゲシュタルトと言い、サインが与えられると、これに基づいて目標対象へ向けた行動が生起するという考えです。認知地図も一種のサイン・ゲシュタルトであると言えます。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。