過去問を徹底分析し、入試の頻出テーマだけを厳選した問題を使って、論述の書き方を添削指導。初学者やこれから入試対策を始める方は【基礎講座】を、既習者や入試まで時間のない方は【完成講座】をお選びください。
専門科目添削講座を詳しく見る



馴化

馴化の定義

ある刺激が長時間繰り返し与えられることにより、その刺激に対して鈍感になり、反応が徐々に見られなくなっていく現象を馴化と言います。
「慣れ」とほぼ同義と考えてよいでしょう。

馴化は、特に、報酬をもたらすわけでも有害なわけでもないような中立的な刺激に対して、特に生じやすいとされています。

反対に、呈示する刺激に変化を加えることで、刺激に敏感に反応する現象を脱馴化といいます。

馴化により、刺激の差異に敏感に反応するようになっているため、脱馴化や新たな定位反応が生じ易くなるのです。


馴化が学習とは異なる特徴は以下の通りです。

まず、強い刺激より弱い刺激の方が、複雑な刺激より単純な刺激の方が早く馴化するとされています。

強い刺激に馴化した場合は、少々の刺激には反応しない、大きな馴化となります。
また、短い間隔で刺激を与えられるときの方が馴化速度は速いとされています。

馴化は与えられた刺激と似た別の刺激にも起こります。
これは刺激般化と言われるものです。
似ていれば似ているほど、馴化の程度は大きくなります。 

馴化に関連するキーワード

脱馴化
定位反応
刺激般化
選好注視法
順応・適応

馴化のここをチェック

乳児の発達に対する研究法として有名なのが、ファンツ,R.L.の選好注視法、そして今回のテーマである馴化−脱馴化法です。

「選好注視法」とは、乳児の知覚や認知を研究する際の方法で、乳児が適度の刺激変化に敏感に反応し、変化のある刺激に視線や頭を向けるという「定位反応」の傾向を利用する方法です。

「馴化−脱馴化法」もまた、乳児の知覚や認知を研究する方法であり、乳児の好奇心の強さを利用します。

乳児は、新しい刺激を注視する習性がありますが、これが反復されると慣れが生じてほとんど反応しなくなります。
これがすでに説明した馴化です。

そこで新しい刺激を与えると反応が回復するという脱馴化を利用し、先に与えられた刺激と後に与えられた刺激との弁別を測定するのです。


さて、馴化と似た語として、順応適応があります。

広い意味では、これらは同義で用いられる場合もありますが、一般的に生物学用語としては、「適応」がかなり長い時間経過の間に、形態や生理が変化し固定されることをいうのに対し、「順化」は、せいぜい数週間以内で、生理機能を環境にうまく合わせることを指します。

また、「順応」は、生活体が環境条件に適合していく過程を指すもので、神経細胞の刺激閾の上昇や疲労によって応答率が低下する感覚的順応、社会的・文化的環境への適応といった社会的順応があります。

環境に対する生体の反応は、時間の短いほうから順に、「反応」―「順応」―「馴化」―「適応」とされていますが、実際のところ、互いに重なり合った概念でもあるため、あいまいな使われ方をされてしまう場合が多いようです。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。