心理学用語集 > 基礎心理学 > 社会 > コミュニケーション

公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

詳細は「心理系大学院 入試対策講座」をご確認ください。



コミュニケーション

コミュニケーションの定義

コミュニケーションとは、端的に言うと個体間で情報をやり取りすることです。

特に心理学においては、知識などの単なる情報だけではなく、情緒や意図など、何らかの特別な意味を持った情報を伝えあうことを指します。

伝えたい情報を言葉やジェスチャーなどで記号化して相手に伝え、その記号を受け取った相手が解読することによって、コミュニケーションが成立します。

またコミュニケーションは、一方からもう一方へ情報を伝達し、それによって何らかの影響を相手に及ぼすものと言うことができます。
そして、影響を受けた側はそれに対して反応を返し、今度は情報の受け手が送り手となり、相互作用をしながらコミュニケーションが展開します。

コミュニケーションに関連するキーワード

情報伝達
影響を及ぼす
相互作用
記号化
記号の解読

コミュニケーションのここをチェック

コミュニケーションについて具体例を見ていきましょう。
AさんからBさんへ情報が伝達されることで、2人の間でのコミュニケーションが生じます。

その際、Aさんが何かを伝えたいと思うだけではBさんにその内容は伝わりません。
まずAさんは、伝えたい情報を何らかのメッセージとして記号化する必要があります。

Aさんが部屋が寒いので、Bさんに暖房をつけてほしいと思った時、「いま私は寒い」という情報を、言葉という記号にすれば、他者に伝達可能なメッセージにすることができます。
あとは口を開いてそのメッセージを届ければ、Bさんに意図を伝えることができます。

ただし、記号化とその記号を解読するルールがある程度共通していたり、同じようなものの考え方をする人同志であれば、問題なくコミュニケーションが成立しますが、そうでない場合はやり取りがかみ合わない場合も出てきます。

Aさんが「寒くない?」と伝えてみても、Bさんは「ちょっとね」と返事をして暖房はつけてくれないという場合もあるでしょう。

この場合、文字通り「寒いかどうか」の質問をするコミュニケーションは成立しましたが、Aさんが暗に暖房をつけてほしいと思っているメッセージは伝わりませんでした。

Aさんは寒ければ暖房をつけて快適に過ごしたいと思うタイプだけれど、Bさんは我慢できる範囲なら厚着をして省エネしたいタイプなのかもしれません。

また、Aさんはお互いの暗黙の意図を汲み取って行動することが多い環境で育ったものの、Bさんははっきり意思表示して頼まれたことは行うけれど、余計なお節介はしないという環境で育ったかもしれません。

同じような文化で過ごしている人たち同志であれば、コミュニケーションの不具合が生じることは比較的少ないと言えます。

しかし、違う国で育った人同志、違う業界で働いている人同志などがコミュニケーションをする時は、情報伝達の記号化・解読のルールが異なっていないかを注意しながら関わる必要があります。



メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。