過去問を徹底分析し、入試の頻出テーマだけを厳選した問題を使って、論述の書き方を添削指導。初学者やこれから入試対策を始める方は【基礎講座】を、既習者や入試まで時間のない方は【完成講座】をお選びください。
専門科目添削講座を詳しく見る



心理学用語集 > 応用心理学 > 臨床 > スーパーヴィジョン

スーパーヴィジョン

スーパーヴィジョンの定義

カウンセラーや心理療法家が、より知識や技能の熟達した上級者から、事例に関して助言や指導を受けることを「スーパーヴィジョン」と言います。

指導する側をスーパーヴァイザー、指導を受ける側をスーパーヴァイジーと呼びます。

スーパーヴィジョンの主な目的とは、スーパーヴァイジーの知識・技能、臨床的態度の習得や、力動的理解の向上です。

具体的には、その事例の心理検査の結果やケース記録などを用いて、アセスメントやクライエント理解が十分になされているか、治療技法の選択や実施方法が適切か、インフォームド・コンセントなどが十分配慮されているかなどが検討されます。

また、スーパーヴァイジー自身のメンタルヘルス向上のためのケアなども、スーパーヴィジョンの重要な目的の1つとされています。

スーパーヴィジョンをきちんと受けることで、そのカウンセラー・心理療法家は、クライエントに対し、最善の介入を行うことができるようになるのです。

スーパーヴィジョンに関連するキーワード

スーパーヴァイザー
スーパーヴァイジー
事例検討
教育分析

スーパーヴィジョンのここをチェック

スーパーヴィジョンと混同しやすいものに「コンサルテーション」「教育分析」というものがあります。
それらの違いについても確認しておきましょう。

まずはスーパーヴィジョンとコンサルテーションの違いについて見ていきましょう。

スーパーヴィジョンは、"初心者のカウンセラーとベテランカウンセラー"といったように、同一職種の中でより経験のある者に指導を受ける関係です。
師弟関係のようなものをイメージするとよいでしょう。

事例を扱うことはもちろんですが、カウンセラー自身の知識や技能の向上も重視されるのが特徴です。


一方、コンサルテーションとは他領域の専門家間で行われるものを指します。

例えば、"教師がクラスの生徒に関してスクールカウンセラーに相談する"といった場合などは、スーパーヴィジョンではなくコンサルテーションに当たります。

したがって、コンサルテーションの方が、より対等で上下関係の伴わない相談援助活動と言えるでしょう。

スーパーヴィジョンと比較すると、事例自体の問題解決を中心に扱うことも異なる点として挙げられます。


次に、スーパーヴィジョンと教育分析です。

教育分析は、そのカウンセラーや心理療法家の個人的な心理傾向や、抱えている葛藤や課題を中心に扱うのが最大の特徴です。

つまり、心の専門家として生きるために、より深い自己理解を得ることを目的に行われるものです。


一方、スーパーヴィジョンでは、スーパーヴァイジーの個人的な心理傾向や個人の課題は直接的には扱いません。

あくまで、事例に対する理解や、技能・知識の習得に主眼を置くという点に違いがあります。

このように「スーパーヴィジョン」「コンサルテーション」「教育分析」は、似た部分を含みながらも、実際には大きく異なるものです。

それぞれが、どういった関係性のものか、何を中心に扱うのかをきちんと整理して覚えておくようにしましょうね。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。