公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

詳細は「心理系大学院 入試対策講座」をご確認ください。



仮現運動

仮現運動の定義

仮現運動とは、動いていないものが動いているように見える現象のことです。

より狭義には、ある対象Aと対象Bを、遅すぎず早すぎない程度の時間間隔を置いて、それぞれ別な場所で交互に呈示すると、対象AとBが動いているように見える現象のことを言います。

心理学において仮現運動という概念が出てきたのは1912年のことでした。

1910年にゲシュタルト心理学者のヴェルトハイマー, M.が、仮現運動に関する着想を得て、子ども用のストロボスコープを用いて実験を行ったと言われています。

そしてその後の1912年に、「運動視に関する実験的研究」という論文の中で運動の知覚に関する新しい知見を発表したのです。

仮現運動に関連するキーワード

見かけ上の運動
ゲシュタルト心理学
ベータ運動
最適時相
ファイ現象

仮現運動のここをチェック

この現象を応用したものの例としては、映画や踏切の警報器が有名で、こうした警報器に見られる運動はベータ運動と呼ばれます。

多くの警報器には上下または左右に信号が付いており、これらが交互に光って通行する人々に注意を喚起しています。
この信号は一見動いているかのように見えますが、実際にはそれぞれの位置で信号が明滅を繰り返しているだけです。

この信号の明滅が動いているように見えるためには、明滅するタイミングが重要となります。

明滅する時間差が約30ミリ秒以下の場合は、2つの信号は同時に点滅しているように見えます(同時時相)。

時間差が約60ミリ秒くらいになると、信号が動いているように見え、このぐらいの間隔が最適時相と呼ばれています。

この時相では自然な動きが知覚されますが、こうした運動知覚が生じることをファイ現象と呼びます。

さらに、時間差が200ミリ秒以上となると、2つの信号は順番に点滅していると知覚されますが、運動が生じているようには見えません(継時時相)。


ちなみに仮現運動は映画の原理ともなりますが、かといってゲシュタルト心理学のおかげで映画が生まれた……というわけではなかったようです。

映画の原型となるシネマトグラフは、1895年にリュミエール兄弟によってゲシュタルト心理学が仮現運動を発見する前に、すでに発明されていました。

また、仮現運動は錯視とともに研究され、アニメーションの発展にも寄与してきました。
どのように画像を呈示すると、キャラクターの動きを効果的に表現できるかを探ったりするために、運動知覚の知見が応用されているようです。



メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。