心理学用語集 > 基礎心理学 > 社会 > 帰属のエラー

帰属のエラー

帰属のエラーの定義

何か事象が起こったときに、原因がどこにあったのかを
求めようとする心理作用を「帰属」といいます。

ハイダーの理論によれば、人の行動は一般的に、
行為者の要因か、社会的・物理的環境要因や運・不運といった
外部に原因が帰属されると考えられており、
前者を「内的帰属」、後者を「外的帰属」と言います。


この帰属には種々の歪みが生じることが知られています。

こうした歪みが「帰属のエラー」「帰属のバイアス」などと呼ばれるものです。

例えば、ある行動が外的な圧力によるものだと明らかな場合でも、
人はそれを行為者の内的属性に帰属させてしまう傾向があるとされています。

こうした過度の内的帰属は非常に広範に見られ、
「根本的帰属の過誤」と呼ばれます。

他にも、「行為者−観察者バイアス」「セルフ・サービング バイアス」
「コントロール幻想」「過度の責任帰属」といったものが、
帰属のエラーとして有名です。

帰属のエラーに関連するキーワード

根本的帰属の過誤
行為者−観察者バイアス
セルフ・サービング バイアス
コントロール幻想
過度の責任帰属 

帰属のエラーのここをチェック

それぞれの帰属のエラーがどのようなものか、
具体例を交えながら確認していきましょう。


まず、人は他者の行為は本人の内的属性に帰属し、
自分の行為は環境に帰する傾向があるとされています。

具体例を挙げましょう。
他者が人を見間違えると「見間違えるなんて不注意だ」と考えるのに対し、
自分が同じように見間違えると「あまりに似ていたからだ」と
考えるといったことがこれにあたります。

これは、行為を見る視点の相違に起因するとして
「行為者−観察者バイアス」と呼ばれています。


一方で、成功か失敗かという場面に関しては、
成功は自分に帰属し、失敗は環境に帰属するというように、
自分にとって都合のよい帰属が起こりやすくなります。

具体例としては、ダブルスの試合がわかりやすいですね。
試合に勝ったら「自分が上手かったからだ」と考え、
負けると「パートナーのミスのせいだ」と考えるといったものです。

これが「セルフ・サービング バイアス」というものです。


また、実際には偶然によって生じている事象にもかかわらず、
自分の意図や能力によって統制できると錯覚する「コントロール幻想」、
他者に起こった事故や災害を実際以上に当事者の責任に帰する、
何の罪がない場合でも少しは落ち度があったのではないかと考える
「過度の責任帰属」などがあります。

コントロール幻想の例として一般的なのは宝くじです。
当たる確率は同じであっても、他人に選んで買ってもらうよりも
自分で選んだ方が当たるように感じるのです。


これらの解釈には、さまざまな議論がなされていますが、
主としては、注意の向きやすさという"認知論的観点"と、
自尊心の防衛という"動機論的観点"から説明がなされています。

7日間の無料メルマガで臨床心理士を目指す!

臨床心理士指定大学院を受験するにあたって、志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策といった必ず押さえて欲しいポイントを7つに厳選して、1週間の無料メルマガでお届けします。

毎日1つずつ消化することで、1週間後には指定大学院に合格するための必勝法がすべて分かりますよ

詳しいカリキュラムとメルマガの登録については、臨床心理士指定大学院7つの攻略法をご覧ください。

この無料のメールセミナーをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の攻略法「その志望校大丈夫?」をお届けしますよ。

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。