心理学用語集 > 基礎心理学 > 発達 > 発達加速現象

公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

詳細は「心理系大学院 入試対策講座」をご確認ください。



発達加速現象

発達加速現象の定義

時代が進むにつれ、個体の生理学的・生物学的成熟が早まる現象を「発達加速現象」といいます。

身長や体重の増大という量的側面はもちろん、第2次性徴の低年齢化といった質的側面の変化も含まれます。

このように発達加速現象にはふたつの側面があり、量的側面が加速する現象を「成長加速現象」、初潮や精通などの性的成熟や質的変化の開始年齢が早期化する現象を「成熟前傾現象」と分けて呼ぶこともあります。

20世紀半ばから、世界的に顕著になってきている現象とされていますが、日本などの先進国では、近年、やや加速度が低下してきているようです。

一方、急速に経済が発展している後進国においては、逆に加速度が高まっているとされています。

こうしたことから、発達加速現象は、個体の発達や成熟を規定する環境要因、例えば、生活条件の変化による栄養状態の改善、都市化や工業化などの刺激による神経生理学的な影響などが関係していると考えられています。

発達加速現象に関連するキーワード

低年齢化
成長加速現象
成熟前傾現象
青年期の延長

発達加速現象のここをチェック

発達加速現象は、臨床心理学を学ぶ上でも押さえておきたい用語の1つです。

まず、発達加速現象は、性的アイデンティティの危機に伴う摂食障害などの症状が生じる年齢の早期化を説明しうる要因の1つとして、臨床心理学でも重要視されています。

また、青年期・モラトリアムなどについて考える際にも、考慮に入れなくてはならないことの1つです。

例えば、発達加速現象により、青年期の始期が早期化していると考えられます。

その一方で、高学歴化により終期は遅延化しているため、青年期が以前よりも長期化してきているのです。この現象は「青年期延長」と呼ばれたりしています。

さらに、子どもたちの発達加速化現象の著しさなどから、知能検査などにおいても、検査問題が不適当な、時代と乖離したものとなってしまったために、改訂が行われたりもしています。

発達加速現象などにより生じる問題として、身体と精神とのアンバランスさが挙げられるでしょう。

これらのアンバランスさのために、性の問題、アイデンティティの問題などが増加することも考えられるのです。



メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。