心理学用語集 > 基礎心理学 > 社会 > ステレオタイプ

公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

詳細は「心理系大学院 入試対策講座」をご確認ください。



ステレオタイプ

ステレオタイプの定義

ある他者がどのような人物か考える際、人は性別や人種、職業などのイメージから判断してしまうことがあります。

このように、理解したい対象にあてはめて考える、典型的で固定化されたイメージのことを「ステレオタイプ」といいます。

つまり、ステレオタイプとは、その文化や社会において、人々に広く共有されているカテゴリーです。

簡単な例を挙げれば、「A型は几帳面」「教師はまじめ」などといったものがこれにあたります。

このような、ステレオタイプを用いた認知を、「ステレオタイプ的認知」と呼びます。

多くの場合、対象を非常に単純化・画一化された形で理解するため、その対象が本来持っている特質や独自性から認知がずれる可能性があります。

その結果として、対象が持つ多様な面を理解しないまま、否定的な方向に偏った評価や感情と結びついて、偏見や差別を作り出すなど、対人認知が歪められることもしばしば生じうるのです。

ステレオタイプに関連するキーワード

ステレオタイプ的認知
対人認知
偏見
認知の歪み

ステレオタイプのここをチェック

ステレオタイプ的認知は、常に変化し完全に把握することが難しい現実を、ある一定のパターンにより整理して理解し、また、その後の変化を速やかに予測し、対応することを可能にするという利点もあります。
環境に対して適応的な行動をとっていくために不可欠な認知でもあるのです。

しかし、ネガティブな印象を伴うステレオタイプは、時に偏見や差別を生み出す危険もあります。

また、そのようなステレオタイプは「認知療法」などにおけるターゲットとしても取り上げられる概念です。

人間は世界のありのままを観ているのではなく、一部を抽出し、解釈し、帰属させているなどして認知しているため、必ず個人差があり、主観的と言えます。

それゆえ、誤解や思い込み、拡大解釈などを含んだ不都合な認知をしてしまうことがあり、結果として、怒りや悲しみ、抑うつなどが生じてくると、認知療法では仮定します。

これらのステレオタイプな認知は、認知の「歪み」と捉えられ、それを修正することが認知療法の目標とされるのです。

ステレオタイプは、経験の積み重ね以外にも、情報が得られるだけで、形成・強化されていく場合があります。

つまり、あるステレオタイプ的信念を自分では信じていないつもりでも、そのような相手と遭遇した際、無意識な部分で、ステレオタイプ情報が活性化することになります。

このように、ステレオタイプは無意識的に生じることも多いため、この点に自覚的になることが重要なのです。



メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。