公認心理師・臨床心理士を本気で目指す方に

公認心理師、臨床心理士を目指して、次の入試で心理系大学院合格を考えているなら、通信講座「心理系大学院 入試対策講座」を受講してみてませんか?

これまで2400名以上もの受験生が受講し、東北大学大学院、兵庫教育大学大学院、九州大学大学院、上智大学大学院、放送大学大学院といった数々の指定大学院合格者を輩出してきた講座が、公認心理師の制度に完全対応してリニューアルしました。

多くの合格者を輩出してきた秘密は、過去問を徹底分析した良質なテキスト添削指導にあるのです。

詳細は「心理系大学院 入試対策講座」をご確認ください。



葛藤

葛藤の定義

葛藤とは、同程度の強さの2つの欲求が存在する際に、その両方を選択することはできないために悩み続け、どちらを取るか決めかねている状態のことを言います。

たとえば身近な例では、食後のデザートをショートケーキにしようか、チーズケーキにしようかと迷って決めあぐねているような状態が当てはまるでしょう。

葛藤が生じてそれが長引くと、誰しもフラストレーション(欲求不満)を感じるようになりますが、それは人間に限らず動物全般にも当てはまることです。

フラストレーションを抱えた状態が長引くと、生理的にも心理的にも望ましくない状態になりやすいので、人はできるだけ葛藤を生じさせる場面を回避しようとする傾向があります。

葛藤に関連するキーワード

同程度の強さの欲求
接近=接近の葛藤
回避=回避の葛藤
接近=回避の葛藤
フラストレーション

葛藤のここをチェック

レヴィン, K.は葛藤を以下の3種類に分類しました。
1つ目は接近=接近の葛藤です。これはどちらも近づきたい欲求の場合であり、先ほどあげたデザートの例(どちらのケーキも食べたい状況)が該当します。

2つ目は回避=回避の葛藤です。
これは2つの欲求がどちらも避けたい内容である場合を指します。
例えば、楽器の練習をするのも面倒くさいけれど、発表会で上手く弾けないのも嫌だといった状況が挙げられます。

3つ目は接近=回避の葛藤です。
これは1つの対象に対して、近づきたい気持ちと避けたい気持ちが混在している状況を指します。
例えば、ケーキは食べたいけれど太りたくない、旅行はしたいけれどあまりお金を使いたくないといった状態が挙げられます。

このレヴィンの分類の他、二重接近=回避の葛藤というものもあります。
これは接近=回避の葛藤が二重になったもので、2つの事柄がどちらも一長一短あってどちらを選択するか悩む状況を指します。

例えば車を買う時に、ある車はデザインが好みだが燃費が悪く、別の車は燃費は良いがデザインが好きではないといった場合です。

葛藤によりフラストレーションが生じた時は、何らかの方法により葛藤を解決したり、逃れようとしたりします。

楽器の例で対処法を挙げると、楽器の練習もしたくないし発表会で恥もかきたくないので、楽器自体を辞めてしまって、葛藤が生じる場面自体を避けるといったやり方もあるでしょう。

または、面倒でも練習を続けることで上達する楽しみがあるという風に、葛藤の対象に対する認知を変えるなどして対処することも可能です。



メルマガで心理系大学院合格のコツがわかる!

心理系大学院の受験対策や各科目の勉強法を分かりやすく解説する無料メルマガです。
特に臨床心理士公認心理師を目指す人は必見です!!

志望校の決め方や心理英語・専門科目・研究計画書の対策でおさえて欲しい「これだけは!」というポイントを7つに厳選して絞り込みました。詳しいカリキュラムは心理系大学院7つの攻略法をご覧ください。

まずは、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けします。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。